AGAの症状・治療について

「AGA(男性型脱毛性」について

TVCMですっかりおなじみになった 「AGA(エージーエー)」

 

なんとなく、薄毛やハゲとに関係することはわかりますが、
なぜ「薄毛」と呼ばないのでしょうか?

薄毛をAGAと呼ぶようになった理由

AGAとは 「Androgenetic Alopecia」の略で「男性型脱毛症」のことです。
簡単な言葉で言えば、「大人の男の薄毛やハゲ」のことです。

 

単に薄毛と呼ばず、敢えてAGAと呼び始めたのは、
薄毛治療を取り巻く状況が変わったからなのです。

 

ここ10年の研究で、薄毛の治療の研究は大きく進歩しました。
その結果、薄毛を引き起こすメカニズムが明らかになり、それに対処できる薬が開発されました。

 

 

その例として、今までの育毛剤は「医薬部外品」としてのポジションでしたが、
明確な有効成分が認められた「医薬品」としての育毛剤が手に入るようになりました。
「病院で“治療”する」という選択肢がひとつ増えたのです。

 

そのために、製薬会社は「薄毛」を「AGA」と言い替えてキャンペーンをはり、
薄毛治療の新時代がやってきたことをアピールし始めたのです。

医者に相談するか、自分で治療するか

AGAは医者に相談し、薬をもらって治せる病気となりました。

 

しかし、実は相談した場合に、
医者がやってくれることは、それ程難しい事ではありません。

 

AGAのメカニズムはシンプルで、誰にでも理解できます。
処方される薬は決まっており、選択の悩みはほぼありませんし、
その薬を個人で手に入れるのも難しくありません。

 

つまり、AGAはちょっと勉強すれば、
お医者様に相談するまでもなく、自分で対処できる部分がほとんどなのです。

 

 

また、医者の処方する薬を使うだけで、髪が生えてくるわけではありません。
日々の自分の生活を髪が育つ環境に整える必要があります。
結局のところ、その環境を作ることを学ばなくてはいけません。

 

AGAの悩みは、結局のところ、医者まかせにせず、
自分でしっかりと学び、対処していく覚悟が必要になるのです。

 

しかし、必要以上に悩む必要はありません。
現代に生きる私達は、解決策を既に手にしているのです。

 

薄毛は治療できる病気です。メカニズムを学び、日々の生活習慣を見直し、
自分に合う育毛剤や治療薬を探し出し、正しく対処する事で健康な毛髪を取り戻しましょう。

 

このサイトでは、AGAの基礎知識から、日々の生活で気を付ける事、
また育毛剤の選び方まで含め、総合的に皆さんの髪の悩みを解決するお手伝いをします。

 

トップへ戻る