育毛剤の消費期限について

気になる!育毛剤の消費期限はあるのか?

育毛剤は頭皮に塗布するものであり、
飲むものではないのであまり意識しないかもしれませんが、
消費期限といったものがあります。

 

 

そもそも育毛剤は防腐剤などの添加物が使われていないことが多いのです。
だからこそ劣化するものでもあります。

 

いつまでも古いものを使い続けてはいけません。

 

こちらでは育毛剤と消費期限の関係性をお話します。
古い育毛剤を持っている、といった方は要チェックです。

 

未開封の育毛剤の消費期限はどのくらいの期間に設定されているのか?

 

2年間から3年程度に設定されているケースが多い

 

思ったよりも長く利用できる、といった印象があるのはありませんか。
基本的に、空気に触れることで劣化が起こり始めてしまいます。

 

育毛剤が未開封の状態であれば、
空気に触れることはないので、状態を維持できるわけです。

 

もう少し具体的に話すと、液体は空気に触れることで酸化します。
その参加が状態の劣化につながってきてしまうのです。

 

酸化防腐剤が含まれている育毛剤はどうなの?

 

未開封時の消費期限には大きな影響を与えませんが、
開封後の劣化は抑えられます。

 

開封後の消費期限は長くなる、といった特徴があるのです。

 

ただし、酸化防腐剤に関しては、添加物でもあるので
頭皮環境を悪化させてしまう可能性も少なからずあります。

 

添加物入りの育毛剤は、あまりおすすめとはいえません。

 

開封後の育毛剤の消費期限はどれくらいに設定されているのか?

 

3ヶ月から6ヶ月程度

 

未開封時の育毛剤はかなり長いのですが、
開封後はかなり早い時期に使い終わらなければなりません。

 

ゆっくり使っていると、育毛剤の成分が劣化してしまい、
効果が得られない状態になってしまいかねません。

 

 

開封後については、しっかりとキャップを付けて
外気に触れにくいような状態にすることもおすすめです。

 

消費期限が伸びるわけではありませんが、状態の保護といった事ができるわけです。

 

 

育毛剤の消費期限が過ぎてしまったものは利用したらダメなのか?

 

利用はお勧めできない

 

必ずしも悪影響があるとはいえません。
しかし、何かしらの問題が発生する恐れもあるのです。

 

育毛剤は液体なので、消費期限が切れてしまい、
その上空気に触れていると菌が繁殖している可能性もあります。
衛生状態が悪いものを頭皮に塗布する、といったことにもなりかねないのです。

 

頭皮に菌が乗り移ると、ニキビの原因になってしまったり、
炎症の原因になってしまったり、といったことも考えられます。

 

安全性も考慮の上で、育毛剤の消費期限は守るべきです。

トップへ戻る