育毛剤・発毛剤・養毛剤の違い

「育毛剤・発毛剤・養毛剤」それぞれの効果の違いとは

薄毛対策として利用されているのが、育毛剤や発毛剤、そして養毛剤になります。
その3つは同じように見えて、中身は同じではありません。

 

 

こちらでは、それぞれの薄毛対策アイテムの個別の違いについて、
特に「効果」にテーマを絞って詳しくお話します。

 

薄毛で悩んでおり、どのアイテムを使ったらいいのか悩んでいる方は必見です。

育毛剤で期待できる効果とは?

 

 

・髪の毛の細胞に影響を与えて育毛を達成する
・頭皮の血行を良くして髪の毛への栄養を送りやすくする
・頭皮環境を改善する

 

以上の3つの機能がメインとなっています。

 

育毛剤の多くが持っている機能が、血行不良を改善することです。
女性の多くが血行不良による薄毛で悩んでいます。男性も年齢が高くなるに連れて、
血行不良による脱毛が出てきます。多くの人におすすめできる薄毛対策アイテムが育毛剤なのです。

 

※育毛サプリメントについては除外しましたが、基本的に同じような機能を持っており、
さらに髪の毛を生成するための栄養を補給できます。

 

 

発毛剤で期待できる効果とは?

 

・男性型脱毛症を改善させる効果
・血行不良による薄毛を改善させる効果

 

発毛は医薬成分を含んでおり、医学的にも発毛効果が認められているものになります。
具体的には、フィナステリドとミノキシジルといった薬剤が発毛剤に含まれているのです。

 

 

【発毛医薬成分とその効果】
フィナステリド・・・男性型脱毛症を改善させる
ミノキシジル・・・血行を良くする

 

フィナステリドに関しては男性しか利用できません。
さらに、どちらも成年以上でなければ利用はできないですよ。

 

 

養毛剤に期待できる効果とは?

 

・脱毛を抑える
・毛髪を保護する

 

栄養成分や保湿成分など、基本的に頭皮のみに影響を与える成分が含まれています。

 

効き目が穏やかとなっているのが大きな特徴であり、気軽に利用できるタイプになります。

 

 

3つの育毛剤の用途の違い

 

まだ薄毛が始めっていない人の場合

予防目的として使うのであれば、養毛剤と育毛剤がおすすめになります。
副作用もないので安心して使える、といったメリットがあるからです。
自然成分のみなので、アレルギーの危険性も極めて低いです。

 

 

初期の薄毛の人の場合

進行をストップしたい、改善したいといった希望を持っている人が多いと思いますが、
育毛剤と発毛剤がおすすめになります。

 

初期の脱毛であれば、かなり早い段階で回復する可能性もあり、
積極的な対策がお勧めです。育毛剤も発毛剤も髪の毛を生やす、
といったことを目的としており、利用が適切なのです。

 

 

進行が進んでしまった人の場合

ここも育毛剤と発毛剤の利用が適切です。

 

発毛剤のほうが効果は高いと思われがちですが、実際には育毛剤のほうが効いた人も多いです。
発毛剤と育毛剤を併用するのもお勧めです。

 

ちなみに、進行してしまってからでは養毛剤では対処しきれません。養毛剤は予防にしか使えないのです。

トップへ戻る