薄毛になりやすい食べ物ってどんなもの?

薄毛は食生活にも影響されることがわかっています。

 

こちらでは薄毛になりやすい食べ物には
どんなものがあるのか、という点についてお話します。

 

食生活から薄毛にならない方法を知りたい方は必見ですよ。

 

 

ラーメンを食べ過ぎるのは厳禁

 

・スープの飲み過ぎには注意しよう!

 

ラーメンで最も良くないのが油になります。
油が含まれることによって美味しくなるのは確かですが、
皮脂の大量分泌を促してしまうのです。

 

ラーメンの食べ過ぎは頭皮環境の悪化を招くので十分に注意してください。

 

ただし、絶対に食べてはいけないわけではありません。
スープが特に大きな問題になってしまうので、
スープに関しては残すようにしてください。

 

それだけでもずいぶんと薄毛のリスクは減りますよ。

 

・ラーメンの塩分にも注意

 

こちらもスープに関係してきますが、ラーメンには塩分がたくさん含まれています。
塩分は血液をドロドロにしてしまうので、血行が悪くなります。

 

髪の毛に栄養が送られにくくなるので、やはりスープはあまり飲まないようにしましょう。

 

 

アルコール飲料の飲み過ぎは厳禁

 

・肝臓や胃腸に負担をかける

 

お酒が好きな方は、毎日でも飲んでしまうものです。

 

アルコールは肝臓に負担をかけることは知られていますが、
胃腸にも影響を与えてしまい、下痢の症状を引き起こすこともわかっています。

 

そもそも髪の毛は体内から作られるものなので、
内臓に問題があると健康的な髪の毛が生えてくることはありません。

 

休肝日を設けることはもちろんですが、飲み過ぎは厳禁ですよ。

 

※少量のアルコールであれば育毛に役立つこともあります。
アルコールには体を温める(血行を促進させる作用)があるからです。

 

 

スナック菓子の食べ過ぎは薄毛になりやすい

 

・油が大量に使われている

 

スナック菓子は油であげられているものも多数あります。
大量に摂取すると、身体の皮脂腺を活発化させてしまい、
頭皮に炎症を起こしてしまうのです。

 

・血行が阻害されることもある

 

スナック菓子には、食品添加物も含まれています。
その食品添加物には、血行を悪くしてしまう作用が確認されています。

 

お菓子を食べる習慣がある人は要注意ですよ。

ハゲたくないなら控えよう〜薄毛になりやすい食べ物〜関連ページ

食生活で薄毛を改善〜育毛効果のある食べ物〜