薄毛の原因「喫煙」について

喫煙がもたらす薄毛への悪影響

薄毛とタバコは密接な関係性があります。

 

こちらでは、タバコのどんなところが薄毛を誘発してしまうのか、
といったことをお話します。さらに効率的な禁煙方法についても解説します。

 

ヘビースモーカーであり、薄毛である・薄毛になりかけている、といった方は必見ですよ。

タバコには血管の収縮作用がある

・ニコチンが元凶である

 

タバコには中毒作用のあるニコチンと呼ばれる物質が含まれています。
喫煙している方が、ニコチンをしばらく摂取しないとイライラしてしまいますよね。

 

その中毒性は、麻薬に指定されているマリファナよりも高い、
とされているほど厄介な存在なのです。

 

そのニコチンには、血管収縮作用があります。
血管をすぼめることで、毛細血管に血液が送られにくくなってしまいます。

 

 

頭皮にある血管の多くは毛細血管であり、
血管が収縮するともろに影響を受けてしまうのです。

 

髪の毛に対して栄養が送られにくくなってしまい、髪の毛の生成がしにくい状態になります。
髪の毛の伸びのスピードが鈍化したり、髪の毛が細くなったりするのです。

 

・頭皮環境の悪化を招くことも考えられる

 

血管が収縮して血液が頭皮に送られなくなると、新陳代謝に問題が出てきます。
新しい皮膚が作られにくくなり、頭皮環境が一気に悪化してしまうのです。

 

肌荒れなどの影響が出てしまい、髪の毛の土台が崩れ始めてしまいます。

 

健康な髪の毛は健康な頭皮から生まれる、といったことが言われるわけですが、
たばこを吸っている限りはそんなことは夢のまた夢です。

育毛のために禁煙をするにはどうしたら良いのか?

 

・ニコチンを徐々に減らすしかない

 

急な禁煙では、多くの方が失敗しています。
ニコチンにはキツい中毒性があるので、急に摂取しなくなると、
そのストレスがものすごいことになります。

 

体調を崩してしまうこともあれば、集中もできなくなって仕事にまで影響が出てしまうのです。

 

ニコチンを徐々に減らすには、禁煙外来の利用がお勧めです。

 

体内に入るニコチン量を調節することで、スムーズな禁煙へと向かうわけです。
よりストレスを感じない方法なので、失敗する可能性は格段に低いですよ。

トップへ戻る