ストレスがもたらす薄毛への悪影響

ストレスと髪の毛の関係性について詳しくお話します。

 

ストレスといえば「万病のもと」ともいわれ、しっかりとした対策が必要です。
事実、髪の毛にも多大な影響を与えてしまうことが分かっているのです。

 

では、実際にストレスは髪の毛にどんな負荷をかけてしまうのでしょうか。

ストレスにより髪の毛に栄養が送られにくくなってしまう

 

・血行障害が起きる

 

ストレスには、タバコのニコチンと同じように血管を収縮させてしまう作用があります。
イライラすると高血圧状態になってしまうのですが、血管がすぼまってしまい、
血管の隅々まで血液が行き渡らなくなってしまいます。

 

 

末端の血管や毛細血管に、ほとんど血液が通わなくなってしまうのです。

 

髪の毛は、頭皮にある細かい血管によって栄養が補給されるわけです。
補給源が細ってしまうので、髪の毛に必要不可欠な栄養が足りなくなってしまい、
髪の毛の成長が遅れたり、細くなってしまったり、といった状態を産んでしまうのです。

 

・血液自体に栄養が少なくなってしまう

 

ストレスによって、胃腸に大きな影響が出てきます。
ストレスが溜まってしまうと、腸内の悪玉菌が増えてしまうことも実際にあるのです。

 

その結果、腸から血液にしっかりとした栄養が供給されなくなります。
髪の毛に送られる栄養も少なくなってしまい、結果的に薄毛を招いてしまうわけです。

ストレスを解消して育毛を達成するためにはどうしたら良いのか?

 

・ストレスフリーな1日を過ごす

 

現代社会において、ずっとストレスを感じないで生活するのは難しいです。
仕事のストレスもあれば、人間関係のストレスもあります。
それは仕方のない事なので、ストレス解消を考えるべきです。

 

例えば、週に1日だけは好きなことだけをして過ごす、といったことも良いです。
自分の最も好きなことをしてみましょう。好きなことをしていれば、ストレスもたまりにくいものです。

 

ただ、趣味がない方もいるかもしれません。
そんな方はカラダを動かすことから始めてみましょう。

 

体を動かす事自体にちょっとしたストレス解消効果があります。
ハードな運動はかえってストレスを生みますが、軽い運動でしたら気分も良くなります。
しかも、運動には血行促進作用もあり、育毛効果もより高まるというわけです。