睡眠不足がもたらす薄毛への悪影響

睡眠不足と薄毛は大きく関係してきます。

 

こちらでは、なぜ睡眠不足はハゲやすいのか、
といったことについて詳しく解説します。

 

普段、5時間未満しか睡眠を取ってなくて、
薄毛を発症している方には必見のテーマです。

睡眠はストレス解消のために重要なものである

・睡眠不足はストレスを高めてしまう

 

睡眠には体を休めるといった機能だけでなく、脳を休める機能もあるわけです。
脳を休めるということは、身体のストレスを解放することにもつながります。

 

 

仮に、短時間睡眠しか出来ないのであれば、
ストレスが残った状態になってしまうのです。

 

そしてストレスは、血管に対してマイナスの働きを行います。
血管を細めてしまい、血行を悪くしてしまうのです。

 

育毛剤で育毛のためにせっかく血管を拡張しても、
ストレスが高まれば意味が無い状態になります。

 

薄毛対策を行っている方は、
なおさら睡眠不足によるストレスの高まりをどうにかしなければなりませんよ。

睡眠不足は髪の毛の成長を阻害する

・寝ている時に髪の毛が成長しやすい

 

人間には成長ホルモンと呼ばれる物質が体内にあります。
寝ている時に分泌されるもので、髪の毛の生成にも大きく関わっているのです。

 

寝る時間が少なければ、それだけ成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまうわけです。
髪の毛が伸びにくくなり、薄毛へとつながってしまいます。

 

 

また、髪の毛が伸びやすい時間もあるとされます。
夜の10時から翌午前2時までの4時間です。

 

個人差もあるので、その時間帯に誰しも最も髪の毛が伸びでいるわけではありませんが、
その4時間の間に寝ていると、より髪の毛が成長しやすい状態となるわけです。

何時間の睡眠が理想なのか?

・1日あたり7時間がおすすめ

 

短いとストレス解消などが出来なくてよくありませんが、
逆に長すぎてもストレスがたまるのです。

 

10時間近く寝て、頭がぼーっとした経験がある方もいますよね。
なるべく、毎日平均的に7時間睡眠、といったものを目指してください。
寝過ぎには気をつけてくださいね。