プロテインと薄毛の関係

プロテインを飲用しているとハゲやすい?

身体を鍛えている人は髪の毛が薄い、といった印象がどこかにあります。

 

そんなことからプロテインを飲用しているとハゲやすい、と思われているのです。
本当にプロテインを摂取するとハゲてしまうのでしょうか。詳しく調べてみました。

 

プロテインが薄毛を促進することはない!

プロテインはタンパク質である

 

タンパク質を摂取したからといって、髪の毛が薄くなる、といった研究結果はありません。
そもそも、タンパク質は我々が毎日摂取しているものです。

 

そして筋肉の生成などにも関わっており、なければ人間は生きてはいけないのです。
仮に、プロテインを摂取したことで薄毛が発症するのであれば、
人類は全員が薄毛になっているはずです。

 

なぜプロテインが薄毛を促進させると思われるのか?

男性ホルモンを刺激すると考えられている

 

プロテインを飲む人は、身体を鍛えているケースが多いです。
ですから、男性ホルモンを高めてしまうのではないか、といった印象がどこかにあるのです。

 

しかし、プロテインには男性ホルモンを高める作用はありません。
逆にプロテインは大豆製品であり、大豆イソフラボンが含まれているのです。

 

イソフラボンには、女性ホルモンと似た作用が実際にあります。
かえって女性的な影響があるのではないか、とされているわけです。

 

さらに、もう一つ詳しく知ってほしいことがあります。

 

男性型脱毛症の元凶は5アルファリダクターゼである

 

男性型脱毛症はDHTという物質が体内で作られることが問題なのです。
そのDHTを生成するのは、男性ホルモンと5アルファリダクターゼです。
そして男性ホルモンが少ない男性でも、実際に男性型脱毛症は発生しているのです。

 

ですから、問題は5アルダリダクターゼになります。
確かに、睾丸を摘出した男性は薄毛の進行は止まります。
しかし、多少ホルモンの分泌が減ったくらいでは、薄毛は治りません。

 

男性であれば睾丸を持っているわけです。
そこからは多さに関係なく男性ホルモンが分泌されているので、
薄毛の直接の原因ではないと理解してください。

 

仮に男性ホルモンのバランスをプロテインが大幅に変えるのであれば、健康問題に発展してしまいます。

トップへ戻る