選ぶべきでない市販育毛剤とは?

ネット販売の育毛剤に比べると、
市販の育毛剤はCM放送などで認知度がとても高いです。

 

豪華な芸能人を起用していたり、
効果のありそうな様々な演出がされているだけに、
市販の育毛剤なら間違いないと思っている方も少なくないハズ。

 

 

薄毛で悩みだした殆どの方は、
まずは薬局やドラッグストアでの育毛剤を思いつくのでは?

 

しかし、実際はそうではありません。
こちらでは選ぶべきではない市販の育毛剤を紹介していきます。

選ぶべきではない市販育毛剤のポイント

それでは市販の育毛剤を選ぶうえで、
選ぶべきではない市販育毛剤のポイントをご紹介します。

 

・分類が「育毛剤・発毛剤」ではなく「促進系」のモノ

 

・効果が高いとされる育毛成分が配合されていないモノ

 

・単一の薄毛要因にしか効果を期待できないモノ

上記で挙げたポイントを元に、
市販育毛剤を選ぶ様にしてみましょう。

 

といっても、薬局やドラッグストアに向かったところで、
そんな情報をチェックするのも難しいと思います。

 

こちらでいくつか条件と一致する育毛剤を挙げてみました。

ヘアトニック全般

育毛ヘアトニック

薬局やドラッグストアで気軽に購入できるのが
「育毛ヘアトニック」です。

 

ヘアトニックを使用して頭皮マッサージするなど、
マッサージとの併用が効果的とされています。
使用した際には程よい爽快感を感じる事ができます。

 

ヘアトニックの主な効能は、
血行促進・抜け毛予防・頭皮環境正常化となります。

 

「リアップジェット」・「サクセスヘアトニック」などなど

価格 効果 評価
800〜1500円 血行促進 育毛剤,育毛,ランキング
おすすめできない理由とは?

ヘアトニックはその名の通り、育毛剤ではありません。

 

ヘアトニックの分類は頭皮の為の化粧品の一種で、
頭皮を清潔に保ったり、フケや痒み・蒸れを防ぐ効果があり、
頭皮・頭髪に関する不快症状を軽減してくれるというものです。

 

 

ですが、CMなどでは爽快感のある演出で、
あたかも髪が生えてくるような効果演出をされていますが、
発毛効果は無いに等しいでしょう。

 

抜け毛予防であって育毛効果はない

ヘアトニックの使用用途としては、
「これからハゲない為の薄毛予防対策」
として覚えておきましょう。

 

 

「将来禿げたくない」・「フケや痒みを抑えたい」
といった方の使用はいいかもしれませんが、

 

「髪の毛が薄くなってきた」
「昔の様なフサフサに戻りたい」

 

といった、現段階で薄毛になっている方にとっては、
あまり意味のないモノになります。

 

そんな方がヘアトニックでいくら発毛を望んでも効果はありません。
しっかり育毛成分が配合されている育毛剤を使用しましょう。

 

資生堂

「アデノゲンシリーズ」

資生堂から発売されている
「薬用アデノゲン」

 

いくつかの商品が発売されており、
アデノゲンシリーズは数多く存在します。

 

人の体内に存在している「アデノシン」に着目、
アデノシンに発毛効果がある事が解明。
その結果、アデノゲンの有効成分となりました。

価格 主成分 評価
2,376円〜 アデノシン 育毛剤,育毛,ランキング
おすすめできない理由とは?

アデノゲンの発売会社はあの大手「資生堂」で、
信頼性・認知度は抜群に高いと言えるでしょう。

 

また、アデノゲンに配合されているアデノシンの効果は、
毛乳頭細胞に直接作用し、発毛因子を作り出すことで、
発毛が期待できるとされています。

 

要は、頭皮環境を正常に整えた上で、
頭皮の血行を促進し毛乳頭を活性化し発毛を促す。
といった感じです。

 

発毛を促進する効果があるのになぜおススメできないのか?

 

男性ホルモン抑制効果がない

現代の薄毛の原因の大半が
「男性ホルモンによる影響」とされています。

 

実はアデノゲンにはこの
男性ホルモン抑制効果がないとされています。
この原因で薄毛を発症している人には効果が期待できないのです。

 

また、現在では様々な育毛剤が発売されており、今や
「頭皮環境正常化」・「血行促進効果」・「毛乳頭活性化」
などの効果は当たり前となってきています。

 

ですので、できるだけ多くの薄毛原因に対応されている、
または、発毛効果が高いと評判の育毛成分が配合されている、
といった育毛剤を選ぶ事を強くお奨めします。

 

第一三共ヘルスケア

「カロヤンシリーズ」

TVCMも放送されており、
市販の育毛剤のなかでも認知度の高い
「カロヤンシリーズ」

 

現在では、「カロヤンプログレ」が最新商品ですが、
その他にも「カロヤンガッシュ」、「カロヤンアポジカ」など、
様々な商品が販売されています。

 

これらのカロヤンシリーズは医薬部外品ではなく、
「第三類医薬品」とされています。

価格 主成分 評価
4,629円〜 塩化カルプロニウム 育毛剤,育毛,ランキング
おすすめできない理由とは?

こちらも大手「第一三共ヘルスケア」から発売され、
TVCMでもちょくちょく見かける育毛剤です。

 

しかし、このカロヤンシリーズの主な効能としては、
上記のアデノゲンと同じく「血行促進」とされています。
血行不良による薄毛以外には効果が期待できないかもしれません。

 

また、「第三類医薬品」として指定されている為、
副作用の懸念もあるという事を覚えておくようにしましょう。

 

 

新商品になっても何も変わっていない!?

カロヤンシリーズの中でも特に認知度が高い商品が、
「カロヤンガッシュ」と「カロヤンプログレ」なのですが、
この2つの商品に私は一つ疑問に思ったことがありました。

 

実はこの2つの商品の配合成分を調べてみると、
カロヤンガッシュもカロヤンプログレも全く一緒なのです。

 

カロヤンガッシュの次にカロヤンプログレが発売された事で、
何かしらのパワーアップを期待するところですが、
成分が以前の商品と全く変わっていないというのはどうなのでしょう。

私個人の見解ですが、

やはりこれも販売戦略の一つなのかなと疑ってしまいます。

 

商品名やCMの演出を一新することで、
あたかも以前の商品からパワーアップしている様に見せる事で、
販売促進を強化している様にしか思いません。

 

事実がわからないだけに私はあまりお奨めはできません。

おすすめできない市販育毛剤は?

市販育毛剤はネット販売の育毛剤と違い、

 

「これならCMされているから絶対に安心だろう」
「この育毛剤は見たことあるから効くだろう」

 

などと、
イメージだけで選んでしまうという方が少なくありません。

 

どれだけCM放送されていて有名だからといっても、
あなたの薄毛が改善される保証はどこにもありません。

 

 

市販の育毛剤が全て悪いと言っている訳ではありません。

 

市販の育毛剤でも自分の薄毛症状に合っているモノであれば、
勿論、効果は期待できるのではないでしょうか。

 

育毛剤を選ぶ基準はイメージではなく、
配合されている成分を見極める事、
もしくわ、自分の薄毛症状にあった育毛剤を選ぶ事です。

 

その為には、イメージだけで育毛剤を決めるのではなく、
自分の薄毛症状をしっかりと把握した上で、

 

市販の育毛剤・ネット販売の育毛剤をしっかり吟味し、
自分に最適な育毛剤を使用することが薄毛改善への近道となるはずです。