市販・ネット通販の育毛剤の違い

市販の育毛剤・ネット通販の育毛剤はどう違うの?

育毛剤はネットでしか購入できるものと、
ドラッグストアなどの市販でも購入できるものの2パターンに分かれます。

 

これは各社の戦略の違いといえばそれまでですが、
最も大きな違いはマーケティングにお金をかけているかどうかといった違いでしょう。

市販で売られている育毛剤とは?

有名な芸能人や著名人を起用して、
薄毛改善効果があると伝えている育毛剤のCMをたまに見かけるのではないでしょうか。

 

大手製薬会社の大正製薬や資生堂、花王などによくある販売商法です。

 

 

メディア露出が増えて、広告活動が頻繁になると当然その分知名度が上がり、
「一度くらいは使ってみようかな」と視聴者に思わせるメリットがあります。

 

 

このような手法は、大手の一流企業に限られます。
ただ知名度があるということは言えますが、
それに比例して効果も高いかというと、そこは疑問符がつかざる得ません。

 

 

効果が本当にあるかどうかはまた別問題です。

ネットのみの販売を行っている育毛剤とは?

一方、CMや宣伝活動はほとんど行っておらず、
ネットのみの宣伝活動に注視している企業も存在します。

 

 

こういった企業は宣伝活動を育毛剤の開発費に回して、
より良い製品を作るということに重きを置いているケースが多くなっています。

 

知名度ではどうしても大手企業に劣りますが、
効果があると浸透すれば口コミや評判が広がり、
結果的に費用対効果が圧倒的に良いという好循環が生まれます。

 

 

これなら知名度があまりない企業でも対応できる販売方法となります。

 

それぞれのデメリットとは

宣伝活動を頻繁にやっていて、
市販でも販売されているような商品は気軽に手に取りやすいという側面がある反面、
在庫管理などで過剰な商品提供をしてしまうこともあり、余分なコストがかかる危険性を秘めています。

 

 

また商品の知名度を上げるというところに重点を置きすぎて、
育毛剤の成分の品質にそれほど高いコストをかけられないという悪影響も考えられます。

 

 

 

一方ネット通販での育毛剤は、やはり何と言っても知名度が低いということです。
身近な存在の商品ではないため、
ネットショッピングに慣れていない高齢者の方には特に入手しづらい商品といえるでしょう。

 

 

それぞれメリット・デメリットがありますが、
効果的な成分が入っている育毛剤かどうかというところを重視して選択するのが良いでしょう。

 

 

また、変に口コミなどに惑わされずにすること。見極めが重要となります。

トップへ戻る