市販育毛剤「カロヤン」の価格・評価・特徴は?

薬局やドラッグストアでは、
「カロヤンガッシュ」や「カロヤンアポジカ」といった、
カロヤンシリーズの育毛剤も販売されています。

 

カロヤンシリーズは第一三共ヘルスケアから発売されており、
大正製薬や資生堂にも劣らない程の大手製薬企業です。

 

TVCMもされている為、認知度は高いものの、
どんな育毛剤なのか知らない方も多いハズではないでしょうか。

 

こちらでは市販育毛剤「カロヤンシリーズ」についてご紹介していきます。

 

カロヤン育毛剤の特徴

 
カロヤンシリーズの特徴は、
配合されている主成分にあるといえます。

 

カロヤンシリーズの主成分となるのが、
医療医薬品に指定されている「塩化カルプロニウム」です。

 

幾つかのカロヤン製品が発売されていますが、
どの製品も塩化カルプロニウムが主成分とされており、
この成分こそが、カロヤンシリーズの主軸を担っている存在と言えます。

 

塩化カルプロニウムについて

カロヤンシリーズの主成分とされている、
「塩化カルプロニウム」の大きな効能は「血行拡張作用」です。

 

血行拡張作用により毛乳頭へ栄養と酸素を巡らせる事で、
発毛を促す・サポートする事がカロヤンシリーズの発毛メカニズムです。

 

日本皮膚科学会からは外用療法の一つとして、
塩化カルプロニウムによる脱毛症への効果が認められており、
育毛・発毛成分として一定の評価を受けている程です。

カロヤンシリーズについて

カロヤンシリーズは幾つかの製品に分かれており、
多くの商品が存在します。

 

カロヤンアポジカG・カロヤンアポジカ買vラス
カロヤンS・NFカロヤンガッシュと、

 

これらの商品がこれまでに発売されてきました。

カロヤンアポジカG

カロヤンアポジカ買vラス

 

カロヤンS

NFカロヤンガッシュ

 

 

 

こちらがカロヤン育毛剤の代表的な5つの商品です。

 

これまでカロヤン育毛剤の中でも、
代表的な商品は「NFカロヤンガッシュ」でした。

カロヤンプログレEXについて

そして現在は「カロヤンプログレEX」が最新商品となっており、
TVでは大物芸能人を起用したCMが話題となっていますね。

 

 

しかし2015年にカロヤンプログレEXが発売され、
大々的なTVCMにより今やカロヤンプログレに注目が集まっています。

 

成分が変わっていない!?

 

NFカロヤンガッシュからカロヤンプログレEXにパワーアップしたことにより、
どんな違った点があるのか調べてみたところ、なんと中身はほぼ同じという事がわかりました。

 

  カロヤンガッシュ カロヤンプログレ
塩化カルプロニウム 2.18g 2.18g
チクセツニンジンチンキ 3ml 3ml
カシュウチンキ 3ml 3ml
ピリドキシン塩酸塩 0.03g 0.03g
ヒノキチオール 0.05g 0.05g
パントテニールエチルエーテル 1g 1g
I-メントール 0.3g 0.3g

 

カロヤンシリーズの育毛剤の中でも、
最新のカロヤンプログレEXですが従来のカロヤンガッシュと同じ。

 

カロヤンプログレEXとNFカロヤンガッシュの違いが現状分からない状態です。

 

副作用について

カロヤンプログレEXやカロヤンガッシュに限らず、
塩化カルプロニウムを主成分としているカロヤンシリーズは、
副作用の懸念があるという事を忘れてはいけません。

 

塩化カルプロニウムの主な副作用としては、
頭皮の炎症・湿疹・発汗・悪寒・痒み・腫れ等です。

 

ミノキシジルを配合しているリアップに比べると、
副作用の発症率、症状は軽いとされていますが、
少なくとも副作用の懸念があるという事を覚えておきましょう。

 

また、塩化カルプロニウムの配合量が多ければ多い程、
副作用の発症率も高くなってしまいます。

カロヤンシリーズまとめ

市販育毛剤の中でも、
リアップに次いで知名度の高いカロヤン育毛剤。

 

私自身は使用したことはありませんが、
高い認知度とCM放送されているという
イメージだけで信頼できる育毛剤なのではないかと思っていました。

 

しかし、カロヤンプログレEXとカロヤンガッシュの成分内容を目のあたりにし、
正直カロヤンシリーズには少しばかり疑問を抱いています。

 

また、効能に関しても血行拡張作用が主とされており、
薄毛症状の大きな要因「男性ホルモンの影響」に対するアプローチは期待できず、
にも関わらず、副作用の懸念はあるとされています。

 

このことから、私個人の意見としては、
ミノキシジルを配合したリアップを選んだ方が賢明なのではないかと思います。

 

 

カロヤンシリーズ、リアップ共に副作用の懸念があるのであれば、
より高い効果を期待できるリアップを選ぶべきという考えになりました。
リアップの詳細ページはコチラ

 

カロヤンシリーズを選ぶべきという人は、
「自身の薄毛の原因が血行不良によるものと断定できている場合」
といえるのではないでしょうか。