頭皮が突っ張るのは問題あり?薄毛との関連性とは

私に訪れた最初の頭皮の異変と言うのが、
「頭皮のつっぱり」です。

 

 

 

その頃の私はまだ20代前半の時で、
髪の毛はまだまだフサフサの状態でした。

 

にも関わらず、なぜか頭皮がつっぱる様な感覚があり、
つっぱるだけではなく帽子を被ったり寝癖が付くだけでも、
軽い痛みや違和感を伴っていました。

 

現在、髪の毛がまだフサフサな状態でも、
頭皮が突っ張った様な感覚がする方はいませんか?

 

こちらではなぜ頭皮が突っ張ってしまうのか、
さらに薄毛との関連性はあるのか、といったことについてお話させてもらいます。

なぜ頭皮が突っ張ってしまうのか?

 

頭蓋骨の成長

 

我々の体の成長は大体10代後半でストップする、
といった印象があるかもしれません。

 

確かに、身長の伸びについては
晩成タイプであったとしても19歳や20歳程度までとなります。

 

頭蓋骨の成長期間

しかし、頭蓋骨に関しては20歳を超えても成長することが分かっています。
頭蓋骨に関しては40歳くらいまで成長する、と言われているのです。

 

一方で、頭皮に関しては、急激に伸びるようなこともなく、
少しずつ頭蓋骨の圧迫を受けることになります。

 

皮膚には多少の弾力性がありますが、
太った時に現れるような肉割れのように少なからず影響が出てしまうのです。

 

頭蓋骨に関しては急激に大きくなるわけではないので肉割れにはなりにくいですが、
多少なりともつっぱり感が出てきてしまう方がいるのです。

 

頭皮のつっぱり感は薄毛につながってしまうのか?

 

薄毛に繋がる可能性あり!

頭皮が突っ張っているということは、
頭皮にある毛細血管が圧迫されているわけです。
通常よりも頭皮に流れている血流が少なくなってしまいます。

 

頭皮のつっぱりは栄養の供給ができない証?

頭皮にある毛細血管から栄養を受けているのが毛母細胞です。
毛母細胞は栄養を供給されると、髪の毛の生成を活発に行います。
一方で血流が少なくなってしまうと、毛の生成をしなくなってしまうのです。

 

髪の毛を生成したとしても、
細くなってしまったり、短くなってしまったり、といった状態になってしまいます。

 

頭皮のつっぱりは栄養の供給、
といった面で大きなマイナスである、といったことを理解すべきです。

 

頭皮のつっぱりによる薄毛に対抗するためにはどうしたら良いのか?

 

頭皮の血行を高めること

育毛剤を使う、といった方法があります。
育毛剤には必ずと言ってよいほど血行促進成分が含まれています。

 

頭皮に血液が流れ込みやすくなり、
つっぱり感による薄毛の解消に大いに役立ちます。

 

育毛剤と頭皮マッサージの併用

育毛剤によく含まれている血行促進成分としては、

 

センブリエキス、イチョウエキス、
トウキエキス、オタネニンジンエキスなどがあります。

 

また、頭皮マッサージには血行促進作用もあり、
皮膚を柔らかくする、といった効果もあるのです。

 

育毛剤を利用した時に同時に頭皮マッサージをするのがおすすめです。

頭皮のつっぱりについてのまとめ

当時の私はこの頭皮の異変を軽いものと捉え、
特に何も対策を打つ事もありませんでした。

 

むしろ、薄毛の原因とも思っていなかったくらいです。

 

昔から髪の毛の量も多いと自覚していましたし、
つっぱりがあるからといって目に見える毛量の変化もない。

 

ただ単に「一時的な頭皮の異常なんだろう」
と考えしばらくはそのまま放っておいたんです。

 

しかし、特に改善する事もなく
日を追うごとに症状は悪化の一途を辿り続けた結果、
頭皮がオイリー肌になってしまったんです。

 

次のページでは、
オイリーな頭皮がもたらす薄毛の原因
について詳しく解説していきます。

 

ある時から頭皮が油っぽくなった記憶がある方は必見です。