個人輸入の利用法や価格について

AGA治療薬の個人輸入とはどんなもの?

飲む育毛剤(AGA治療薬)については個人輸入で取り寄せることも出来ます。
しかし、そもそも個人輸入がどういったものだか知らない方もいますよね。

 

さらに、調べてみると飲む育毛剤のジェネリック品まであるわけです。

 

こちらでは飲む育毛剤と個人輸入の関係性について詳しく解説します・

個人輸入に法的な問題はないのか?

 

・個人で使用するモノに関しては問題なし

 

海外の医薬品を輸入することになるわけですが、
法的に問題になることはありません。
しかし、誰かに譲ったり、売ったりすると問題になります。

 

そもそも、日本で未認可の薬を使って、
病気を治療しよう、というのが個人輸入の考え方でもあるのです。
そのような権利が奪われることはありません。

個人輸入の利用方法とは?

 

・ネットショッピングと同じようなものである

 

個人輸入に関しては、通販ショッピサイトのようなものになります。

 

個人輸入サイトにアクセス

購入する医薬品を探し出す

買い物かごに入れる

決済をする

 

ネット上で以上の行為をすれば良いだけです。

 

ただ、注意点が一つあります。海外からの発送となるので、
到着までには2週間前後かかってしまうのです。
すぐに利用したい、といった気持ちには応えてもらえませんよ。

 

・決済について

 

基本的にクレジット決済で対応してくれます。

 

JCB
VISA
アメリカン・エキスプレス
マスターカード

 

以上の国際ブランドのカードであれば、ほとんどの個人輸入サイトで決済可能です。

個人輸入における飲む育毛剤の価格の違いについて

 

・正規品についてはほとんど変化なし
・ジェネリック品については格安である

 

プロペシアの正規品を海外から取り寄せるケースですが、
国内の医療機関による処方では1錠あたり250円です。

 

実は海外でも同じような価格帯となっています。
正規品の場合は、価格的に個人輸入するメリットはほとんどありません。

 

 

ジェネリック品については圧倒的に安いです。
例えば、プロペシアジェネリックの有名なものであるフィンペシアに関しては
100錠も入って3,000円台です。1錠あたり30円台で販売されているのです。

 

ただし、為替相場によって大きな影響を受けます。
円安傾向が強まると、購入価格が一気に跳ね上がるので十分に注意してくださいね。

トップへ戻る