飲む育毛剤(AGA治療薬)のタイプはどんなものがある?

飲む育毛剤として有名なものはフィナステリドを配合のプロペシアと、
ミノキシジル配合のミノキシジルタブレットが挙げられます。

 

 

どちらも育毛や発毛に効果があるものとして評価されていて、
多くのAGA治療を行っている方が服用している内服薬になります。

 

それぞれどのような特徴があるのか詳しくご紹介していきましょう。

フィナステリドとは

基本的に日本では、
まだ飲む育毛剤に関して処方が認められているものはほとんどありません。

 

そんな中、日本で唯一処方が許可されているのがフィナステリドを配合したプロペシア!

 

2005年に販売が開始されて厚生労働省の承認を受けています。
フィナステリドはもともと薄毛治療に使用する成分として開発されたものではありません。
男性向けに前立腺肥大症として使用されていたものです。

 

 

しかし、前立腺肥大症を抑える薬として使用していた患者が
抜け毛抑制効果があるということがわかり、
そこから薄毛治療薬として使用されることになりました。

 

 

女性の方は服用できませんが、男性型脱毛症に対しては有効性が確認されていて、
男性の間では一般的な薬として知れ渡っています。

 

ミノキシジルとは

一方、ミノキシジルも薄毛改善に大変効果が期待できる成分です。
こちらは日本では内服するものよりもむしろ外用薬として知れ渡っています。

 

日本の製薬会社からもミノキシジルを配合した育毛剤が販売されています。

 

こちらも、フィナステリドと同様に薄毛治療薬として使われていた成分ではありません。
血圧の降圧剤として使用されていて、
高血圧症の人が服用していて徐々に発毛効果が見られたということがきっかけです。

 

 

フィナステリドよりも血圧に働きかける作用が強いため、
やや副作用のリスクは伴うというデメリットこそあるものの、
効果がそれに比例して高いということを男性型脱毛症のガイドラインにも表記されています。

フィナステリドとミノキシジル以外の成分はあるの?

フィナステリドとミノキシジルが薄毛治療の推奨度が最も高い成分です。
成分はランクごとに評価が分かれ、
「最も強く勧められる」という評価がこの2つの成分には与えられています。

 

 

それ以外の成分はすべて評価が下がるものになります。
具体的にはノコギリヤシ、カプサイシン、イソフラボンなどを配合したものもありますが、
これらは医薬品としての取り扱いではなくサプリメントとして販売されているケースが多くなっています。

 

 

効果を重視するならプロペシアとミノキシジルタブレットのどちらかを選択すべきでしょう。

飲む育毛剤(AGA治療薬)の種類〜成分によって異なる様々な効能〜関連ページ

飲む育毛剤(AGA治療薬)の副作用|服用前に絶対見るべし!
飲む育毛剤(AGA治療薬)と育毛剤|どちらを使うべき?