オデコが後退するM字禿げの原因と対策

おでこの生え際から薄毛になるM字禿げ

薄毛の症状の一つにM字ハゲが挙げられます。
いわゆる、おでこの部分の両サイドの毛が後退していく症状です。

 

 

もともと毛量の少ない部分ではありますが、
徐々に毛が抜けていく量が増えて、おでこの範囲が広くなる症状だと
まずAGAによるM字ハゲの可能性が高いと考えてよいでしょう。

 

 

これは男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる男性特有の薄毛の症状です。
女性にこのような薄毛はまず見られません。

男性はなぜM字部分がハゲる?

男性ホルモンの分泌量も女性と違い、
さらに髪の毛に存在する男性ホルモンレセプターというものが
男性には多く存在することが影響として考えられます。

 

 

男性ホルモンレセプターは男性ホルモンの受容体です。
いわば男性ホルモンの受け口のような存在で
男性ホルモンを多く誘導してしまうという物質になります。

 

 

この男性ホルモンレセプターは頭部の部位によって数が異なり、
多ければ多い箇所ほど薄毛が進行してしまうということになります。

 

後頭部や側頭部にはこの男性ホルモンレセプターがほとんどありません。
そのため、男性でも薄毛が進行しにくい部位になります。

どのような原因が考えられる

男性ホルモンの分泌量と、還元酵素の結びつきの可能性が高まると
M字部分と頭頂部のハゲが進行してしまう可能性があります。

 

 

還元酵素の5aリダクターゼと呼ばれる物質は、男性ホルモンと吸着することで、
ジヒドロテストステロンと呼ばれる抜け毛の原因となる物質に変化してしまいます。

 

 

これは普段の生活習慣がポイントで、
コレステロールの多い食事や脂肪分の多い食事を摂っていると血液循環が悪くなり、
男性ホルモンと還元酵素の結合する確率が高まると言われています。

 

 

他にもストレスや睡眠不足、喫煙なども影響として考えられるといえるでしょう。

M字ハゲの具体的な対策とは

M字ハゲの兆候がみられたら何かひとつの対策を行うというよりも、
考えられる要因をひとつひとつ自分の出来る範囲で対策しておくことが重要です。

 

 

具体的には

 

  1. 皮脂を洗い落としてくれると評価が高いアミノ酸シャンプーの使用
  2. 血行促進効果が期待できる育毛剤の使用
  3. 髪の毛を新たに作り出してくれる効果が期待できる亜鉛を多く含んだ食事

    (具体的には牡蠣や煮干し、レバー、牛肉、ほや、かになどが効果的)、

  4. 規則正しい睡眠時間、ストレスをためない生活などが挙げられます。

 

一つ一つ解決しておくことで、薄毛の要因となる問題を把握することができるでしょう。

トップへ戻る