薄毛専門クリニックによるHARG療法とはどんな治療法?

薄毛治療で最も手軽なものは市販されている育毛剤を使った治療ですが、

 

それよりも、もっと効果的で改善する確率が高いものが薄毛専門治療院での施術です。
その中で最も効果が高いとされていて、注目を集めているのがHARG療法です。

 

HARG療法とは

 

HARG療法は、直接頭皮に栄養剤を注入し毛髪再生を図るというものです。

 

昔は針を使って注入していたので、痛みがあって施術を受けたいという希望者が少なかったのですが、
昨今では針を使わずに、ノーニードルで電気を用いた注入が可能になり、
そこから一気に全国区の治療法となってきました。

 

 

HARG療法に用いる栄養素はビタミンB、シスチンと呼ばれるアミノ酸、
コエンザイムQ10、グリシンなどを取り入れているケースが多くなっています。

 

 

注入する部分は毛母細胞で、栄養素を送り込むことで
細胞分裂を繰り返し即効性がすぐに現れてきます。

 

育毛剤のように何年も使用する必要はなく、
6回の治療を行い、だいたい半年で効果が目に見えて出てきます。

 

 

HARG療法のデメリットとは

 

育毛剤よりも高い確率で発毛を促す治療方法ですが、
決して100%の改善率ではありません。

 

 

しかも重度の薄毛の症状の場合は、全体をカバーするには至りません。
もともと毛母細胞がほとんど活動していない状態だと、
HARG療法を行っても部分的な改善しか見られないでしょう。

 

 

 

そして、もうひとつのネックが料金。
平均6回の治療が一般的となっていますが、
HARG治療にかかる費用は平均12万円ほど、
つまり全回数分で少なくとも70万円以上はかかってしまう可能性が高いです。

 

 

 

それでも効果が出れば良しとするかは個人の受け止め方次第ですが、
高額な料金になるということは間違いありません。

 

 

その他クリニックでの施術方法とは

 

病院での施術はHARG療法が一般的ですが、
それ以外に育毛メソセラピーと名付けられたレーザーと超音波を使った発毛治療もあります。

 

治療法には各医院によって違いがありますが、
従来のナパージュ法は(いわゆる注射器での手技による注入)は
ほとんどの医院で行われ無くなりつつあります。

 

 

最近では痛みをできるだけ軽減するCO2レーザーやイオンを導入するなど、
医学的にかなりレベルアップした注入が可能になってきています。

 

 

そしてその施術と共に必要なのが、毎日の育毛剤の塗布と内服薬の服用です。
セットで両方行う人もいて、費用は非常に高額になってしまいますが、
それに比例して薄毛改善率が高くなっています。

HARG療法で薄毛は治る?施術内容とメリットデメリット関連ページ

薄毛治療は全て実費!?薄毛クリニックで掛かる費用の相場