「医薬品」の育毛剤の副作用には注意しよう

薄毛に悩んでいるのなら、いきなり増毛や植毛をやるのではなく、
まずは育毛剤を使っての育毛にチャレンジしてみるのが一番おすすめです。

 

 

となると「せっかく育毛剤を使っての育毛を始めるのだから、
できるだけ効果が高い医薬品の育毛剤を使いたい」と考える人もいるでしょう。
近年では薬局でも医薬品の育毛剤がいくつか売られていますので、手軽さもありますしね。

 

ですが少しお待ちを!
医薬品の育毛剤を使い続ける、ということについては、考えなければいけない部分もあるのです。

 

医薬品には副作用のリスクがある!

育毛剤というのは、長い期間使い続けるものですよね。
たとえば医薬品の育毛剤を使って無事育毛できたとして、
そこで育毛剤の使用をすっぱりやめられるでしょうか?

 

 

むしろ、「使用をやめたら、また薄毛に戻ってしまうから」と、
使い続けようとする人のほうが多いと思います。

 

 

このように、育毛剤は
「長く使い続ける可能性が高い」という面があるのですが、
だからこそ心配になってくるのが医薬品ならではの副作用なんですよ。

 

 

 

 

たとえば、市販の医薬品の育毛剤にもっともよく処方されている「ミノキシジル」という成分は、
元々は「高血圧患者に処方していたら、その患者の毛が濃くなった」という効果が発見されたため、
これを育毛に応用しようということで育毛剤の成分として使われるようになったわけです。

 

 

ですがミノキシジルには
血圧低下・かぶれや発疹などの皮膚異常・しびれや頭痛など
神経系の異常や体重増加など、さまざまな副作用がある、という側面も持っています。

 

 

 

市販の医薬品育毛剤に使われている育毛成分といえば、
もうひとつ「塩化カルプロニウム」もありますが、こちらにも当然副作用のリスクがあります。
代表的な副作用としては、頭皮異常や発汗・吐き気などが挙げられますよ。

 

 

 

もちろん、薬局で売られている医薬品育毛剤の場合、
ミノキシジルや塩化カルプロニウムの濃度はそれほど高くはありません。

 

 

 

また「服用」ではなくあくまで「塗布」であることから、
いきなり強い副作用が出るケースはめったにないと思いますが、
それでも長年使い続けることには不安が残りますね。

 

医師処方の育毛剤について

医薬品の育毛剤といえば、
薬局で買える市販のものだけでなく、
医師に処方してもらうタイプのものもあります。

 

 

 

その代表格が、「飲む育毛剤」と言われる
「プロペシア」という成分ですが、

 

こちらは性機能に異常をきたす副作用があるだけでなく、あまり長く服用すると耐性がついてしまう、という説も出ています。

 

 

また、プロペシアについては今のところ「日本では普通の薬局での一般販売は認められておらず、
買うとしたら海外からの個人輸入などで自己責任」となっています。

 

 

つまり「医師というプロの管理の下でなければ、使ってはいけない成分」というわけです。
その点を考えると、プロペシアの副作用のリスクは市販品以上に高い
と思っておいたほうがいいでしょう。

 

 

このように、医薬品の育毛剤は、市販されているものであれ、医師から処方されるものであれ、
「ある程度の副作用リスクがつきまとう」ということは避けられないものなのです。
だからこそ「いきなり医薬品の育毛剤に飛びつく」というのは、やめたほうが無難というわけですね。