スキンヘッドにすると本当に髪は生えてくるのか?

さて、「自分でもシャンプーのやり方を見直したり、運動をしたり、
育毛剤も使ってみたけどどうしても育毛できない・・・」という人は、どうしたらいいでしょうか?

 

 

多大なリスク覚悟で増毛や植毛をやってみる?

 

いえいえ、その前に「最後のいちかばちかの手段」としておすすめしたい方法があります。

 

「思い切ってスキンヘッド」で髪が生える可能性も!?

いちかばちかの最終手段としておすすめしたい方法は何かというと・・・スキンヘッドです。

 

冗談じゃない!薄毛でも嫌なのにスキンヘッドなんて!と思われるかもしれませんが、
これで「健康な髪が生えてきた」「以前より少しは薄毛が改善された」
という人も少なからず存在するんですよ。

 

 

「スキンヘッドにしたら髪が生えるかもしれない」という理由としては
「傷んだ髪による毛根への負担を軽減できる」「頭皮を清潔に保ちやすくなる」
 
などといったことが考えられていますが、
あくまで推測に基づいた通説で、医学的根拠があるわけではありません。

 

勇気を出していったんスキンヘッドにしても、薄毛状態は改善されないかもしれませんが、
「良くなったという人が少なからずいる以上、可能性はゼロではない」ということです。

 

頭皮に負担がかからない、お手入れしやすいウィッグを用意した上で、
自己責任で一度やってみるのも悪くはないかもしれませんよ。

 

 

もっとも「スキンヘッド」といっても、
カミソリで頭皮を傷つけるようなことはしないように気をつけて下さいね!

 

スキンヘッドにしたあとの注意点

さて、思い切ってスキンヘッドにしたあと、
気をつけなければいけないことがいくつかあります。

 

 

 

まずもっとも大切なことは、「頭皮を紫外線から保護すること」です。
これまで薄くとも髪があり、その髪によってある程度紫外線から守られてきた頭皮がむき出しになると、
紫外線のダメージをまともに受ける形になります。

 

紫外線は頭皮の細胞を傷つけてしまうので、育毛に悪影響を与えてしまうというわけです。

 

ですからスキンヘッドにしたあとは、ウィッグをつけるだけでなく、
長時間の外出時には帽子をかぶるなどといった工夫もしておきましょう。

 

帽子は通気性があり、さらに洗ってお手入れできるタイプのものを選びましょう。
こまめなお手入れで清潔にしておくことが大切です。

 

 

 

また、スキンヘッドの頭皮はちょっとしたことで傷つきやすいですから、
「仕事中に頭をかきむしる」などといったクセのある人は、
そのクセを出さないように注意する、といった心がけも必要です。

 

 

「スキンヘッドの頭皮は赤ちゃん肌並みにデリケート」と考え、
傷つけないように守ってあげてこそ、頭皮の元気がよみがえる可能性も出てくるというわけです。